いぼなどの皮膚トラブルはレーザー治療で完治しよう

もう悩まなくていいんです

笑顔のナースと医師

いぼ治療のうち、レーザー治療の場合はその高い確実性が、液体窒素の場合は低価格で受けることができる点で人気があります。しかし各々には異なる特徴がありますので、その違いをきちんと把握しておくことが重要です。

More Detail

気になるデキモノの対処法

カウンセリング

いぼが出来てしまった場合、病院でレーザーや液体窒素を使いいぼを取る治療方法が一般的です。皮膚科といった専門の病院に行くのがベストではありますが、すぐに病院に行けない状況の場合には、市販薬という対処法もあります。

More Detail

施術の方法

腕を触る人

いぼを除去するための美容整形には2つあります。レーザー治療と液体窒素による除去です。レーザー治療は確実性が高く再発が起こらないようにするには打ってつけです。液体窒素は保険の適用がありますので、高い人気があります。

More Detail

治療の方法

女医と看護師

いぼ治療には意外にも多くの治療法があります。大きく分けると病院での治療のほかに、市販薬や民間療法での治療方法があります。人気があるのが病院での治療です。いぼには様々な種類があり、いぼの種類によって適切な治療を受けることができます。

More Detail

肌に出来る老化トラブル

ボディ

加齢により肌の古い角質が蓄積してしまう事で出来る老化性のいぼは、皮膚科や美容皮膚科などの医療機関で治療を受けることが出来ます。ただクリニックの種類により治療方法が異なるので、自分に合った施術を受けることが必要になります。

More Detail

皮膚の悩みは病院で解決

水着のレディー

皮膚に粒ができたら

皮膚は様々なトラブルに見舞われます。例えばシミやしわ、乾燥やたるみ等です。一方、にきび等のでき物に悩む人も多いです。これらの肌トラブルは食生活の改善や化粧品で改善可能です。しかし、顔や首に出来てしまったいぼは自力で治すのは難しいです。いぼは皮膚細胞の塊が粒状になった物です。触ると痛み無く大きさは米粒程度、色は肌の色から茶色の物まで様々です。自力でいぼを治す方法はハト麦とアプリコットオイルが有名です。ハト麦は茶やサプリメントの摂取により皮膚のターンオーバーを活発にしていぼを治す方法です。また、アプリコットでいぼやその周辺を毎日マッサージする事で少しずつ小さくなっていく効果が期待されます。しかし、絶対にいぼを直したい場合はセルフケアでは無く病院で治療を受けて下さい。受診先は皮膚科か美容外科です。病院でのいぼ治療は内服薬、レーザー、液体窒素の三種類あります。いぼの大きさや出来た場所によってベストな方法が違うので医師と相談して治療方法を選択して下さい。

病院での除去法の詳細

まず、レーザー治療は患部にレーザーを照射する治療法です。その特徴はいぼを根ごと取り除く事です。レーザー治療は肌に負担を掛けない様に行われるので、出血や痛みを最上限に抑えられるのが利点です、また、いぼをピンポイントで狙い撃ちするので傷跡も残り難くなります。しかし、一般的に保健適応外なので病院によって費用に差があるのが難点です。一方、いぼの除去で最も一般的なのが液体窒素を使った方法です。これはマイナス196度の液体窒素をいぼに押しつけ低温やけどを起こし焼き切るのです。こちらは殆どの皮膚科や美容外科で施術を受けられる上、保険適応なので予算を気にせず治療を受けられます。しかし、施術後には注意が必要です。液体窒素治療後の肌は低温やけどを起こしています。その為、痛みやウィルス感染で患部が化膿しないようにしなければなりません。また、レーザーと違って根までは除去出来ないので再発の可能性があります。一方、施術を受けない人はヨクイニンという内服薬を飲む事になります。これはハト麦から出来ています。セルフケアで利用するサプリメントよりも効果は高いですが、いぼを直接除去するのではなく原因に働きかける物です。その為、効果が感じられなかったり長時間を要する事が多いです。