いぼなどの皮膚トラブルはレーザー治療で完治しよう

気になるデキモノの対処法

カウンセリング

皮膚科に相談する

皮膚にぽつんとできるいぼは見た目に良いとは言えませんし、気になるからと言ってひっかいたりすると出血もするので、できれば早く対処したいものです。昔ながらの方法としてはアロエを塗るといいなどという民間療法や、市販薬で治療するといった方法があります。しかしいぼの対処法として最も人気が高い治療法はやはり、レーザーや液体窒素で直接除去するというものです。レーザーはいぼをまるごと切りぬく治療法で、もちろん肌の他の部位に負担をかけないよう、医師がしっかりと対応してくれます。楽にいぼを除去できますが、お値段が高めになるのが難点です。一方昔ながらの液体窒素での除去は、レーザーに比べてお値段が安いというのが特に大きなメリットになります。値段以外の部分ではレーザーの方にメリットが大きいので、現在ではレーザー治療を選択する人が増えています。液体窒素の場合、皮膚がやけどを起こした状態になるので後のケアが大切になることや、焼き切るという方法なので、人によっては痛みを強く感じることがデメリットとなります。

独自に対処する場合の注意

いぼは市販薬も多く販売されているので、さほど大きくないいぼであれば、市販薬で治すというのも選択肢に入ります。しかしいぼにも種類があり、きちんと種類にあったものではければ市販薬を使っても上手く除去できません。自分に合った薬を探すためにも、しっかりと病院で診てもらうことをおすすめします。病院で診てもらえれば、内服薬や塗り薬を処方される場合でも、当たり前ですがそのひとのいぼの除去にもっとも適切な種類の薬を処方してもらうことができます。病院であれば、治療の際にトラブルがあった場合でも、しっかりとケアをしてもらえることも大きなメリットです。いぼのほとんどは良性ですが、稀に悪性のものもあるので、その判断をしてもらうためにも病院で診てもらうことは重要です。また、いぼを良く知らない人の場合、デキモノが気になってひっかいてしまうことがありますが、いぼは傷つけられるとかえって増殖が盛んになって悪化してしまうことがあるので、この点は注意が必要です。いぼはこどもでも出来るものなので、子供にできてしまった場合には、お母様が気を付けてあげる必要があります。