いぼなどの皮膚トラブルはレーザー治療で完治しよう

もう悩まなくていいんです

笑顔のナースと医師

いぼの治療のために行われる美容整形には2つあります。それはレーザー治療と液体窒素による除去です。レーザー治療の場合は、その確実性から人気となっています。レーザーを患部に照射して蒸発させることでいぼを除去します。複数回受けることでいぼの根元まできちんと取り除くことができます。また、従来より使用されている美容整形に液体窒素を使った施術があります。これは低音火傷によっていぼを除去する方法ですが、健康保険が適用される可能性が高く非常にリーズナブルで受けることができます。これが利用者に喜ばれる理由です。もちろん、液体窒素は非常に効果的な治療であることを前提としています。液体窒素でいぼだけでなくいぼの原因であるウイルスまで除去することができますので、再発の恐れもありません。いずれの治療方法であっても、完全にいぼを取り除くには3ヶ月から1年間程度はかかりますので、根気良く治療を受けましょう。相場価格としてはレーザー治療は2000円から3000円程度で、液体窒素は健康保険が効きますので1000円以内になります。

いぼの除去のためにはレーザー治療や液体窒素が使われることが多いですが、注意点もあります。それは痛みを伴うことと保険の適用が効かない場合もあることです。液体窒素であれレーザー治療であれ施術には必ず痛みを伴います。レーザーの場合は液体窒素ほど痛みを感じることはありませんが、やはり痛いです。しかしながら、レーザー治療の場合は解決方法があります。痛みに耐えることができそうになければ、局所麻酔をしてもらうことを医師に伝えましょう。そうすれば無痛で施術を受けることになります。また、健康保険の適用に関しては、液体窒素による治療であれば適用可能なことが多いですが、レーザー治療の場合はほとんど適用されません。そのため、自由診療による全額負担になることが多いです。したがって、治療費の観点から考えると、液体窒素の方が安価で済みます。このように、施術方法によっては異なる部分がありますので、注意するようにしましょう。治療を受ける前に、しっかりと調べることが大切です。