いぼなどの皮膚トラブルはレーザー治療で完治しよう

施術の方法

腕を触る人

レーザー治療の特徴

いぼを除去するための美容整形というのは、どのようなものがあるのか気になる人は多いですが、美容整形の場合は2つの方法が一般的です。レーザー治療、液体窒素による除去の2つです。これら2つの方法でいぼを除去することができます。最も知られているものは、レーザー治療によるいぼ除去です。これは専用のレーザーを使っていぼ全体をくり抜いていく施術になります。いぼの根元から除去することができるので再びいぼができることはありません。確実性の高い除去手術と言うことができます。しかも、肌への負担はそこまでありません。出血も痛みもほとんどありませんし、傷跡もレーザーのため残りません。こうした特徴を持っているのがレーザー治療です。治療にかかる期間は半年間程度です。レーザー治療と聞くと1回の治療で終わるイメージがありますが、実際には根本的に治療するにはこのくらいかかります。ただし、料金はそこまで高くはありません。相場は1回あたり2000円から3000円程度になります。

液体窒素による除去

いぼの治療で最も高い人気を誇るのが液体窒素によるいぼの除去です。なぜそれほど人気があるのかというと、健康保険が適用されることが多いからです。そのため、他のいぼの治療よりも安価に治療を受けることができるのです。それでは、その特徴は何かというと、液体窒素でいぼを焼ききるというイメージです。液体窒素で棒の先端を凍らせていぼのあるところに押し付けます。そうして焼き切るのです。つまり、低音火傷を人為的に起こす施術です。施術が終われば火傷状態のままなので、アイシングを行います。治療期間としては3ヶ月程度で済みます。レーザー治療よりも短いことが多いです。ただ、イボの根元まで焼き切るのに時間がかかるため、数回受ける必要になります。しかしながら、料金は健康保険が適用されるので、リーズナブルです。ちなみに、いぼを除去するのに使われる内服薬をヨクイニンといいますが、いぼを治療するとともに免疫力の向上効果もあります。服用を継続することでしっかりといぼの原因を取り除いて完治します。