いぼなどの皮膚トラブルはレーザー治療で完治しよう

治療の方法

女医と看護師

どんな治療法がある

人目につかない場所なら増えたり、大きくならなければ問題ないという人もいますが、人目につく場所にいぼができてしまうと、大きな悩みの一つとなってしまいます。このいぼ治療には、いくつかの治療方法があります。大きく分けて、病院での治療、市販薬、民間療法です。この中で最も効果が高いのが病院です。病院ではレーザー治療や液体窒素での治療、内服薬などの治療法があります。レーザー治療などでも保険が適用されるケースもあり、比較的安い治療費でいぼを取り除くことも可能です。市販薬では3種類のタイプがあります。貼るタイプと塗るタイプ、内服薬の3種類です。市販薬でもしっかりと症状が改善できるものもあり、薬局やドラッグストアなどでも手軽に購入することができます。このいぼ治療では、民間療法も色々あります。杏仁オイルを塗る治療法や、イチジクの実や葉の汁が効果がるとも言われますし、ハトムギ茶を飲むことでいぼが小さくなるとも言われています。民間療法なら手軽に試すことができるのですが、効果が実感できる人もいれば、効果が全くなかったという人もいるようです。このように、いぼ治療では意外に様々な治療法があります。

病院での治療が大切

様々な治療法がありますが、その中でもいぼをしっかりと治療したいという人に人気があるのが病院での治療です。一口にいぼといっても様々種類があります。ウイルス性のものもあれば、老化現象によって現れるいぼもあります。そのため、その種類に合った治療方法が必要になります。代表的なものとしては、一般的な尋常性疣贅、足の裏にできる足底疣贅、加齢が原因の老人性疣贅、接触感染によって発生すると言われている伝染性軟属腫。そのほかにも扁平疣贅や尖圭コンジロームなど多くの種類があるのが、このいぼの特徴とも言えます。そのため、自己判断によって市販薬や民間療法で治療をするのではなく、病院での治療が、いぼ解消には重要です。いぼの中には、感染するものや悪性のものもあります。自己判断によって治療をしているうちに、家族にうつってしまったり、症状が悪化してしまうこともあります。液体窒素での治療なら保険が適用され、複数の治療でも数千円で済むケースもあります。いぼで悩んでいるという人は、まず病院での検査を受けてみることが大切です。